トレンド記録一覧

「粘度計×ファッション」は実現可能?

粘度計メーカーの技術畑で働く友人から、流行のファッションがわからなくなって困っていると相談を受けることが頻繁にあります。
彼女は学生時代からの友人ですが、勉強は良く出来るのに流行を追うということに苦手意識を感じているようで、当時からファッション雑誌を研究しても答えが出ないと嘆くくらいです。
職場では制服があるものの、通勤するときに着用する服をお洒落にしたいということなので、アドバイスをしてみようと考えました。

粘度計メーカーの友人からの相談

粘度計メーカーに勤める友人は、職場では決められた制服を着用しています。
制服は会社から支給されており、クリーニングなども会社が一手に引き受けています。
その理由として、機械を組み立てるときに目に見えないほどの塵があるだけで設計が狂ってしまうため、特殊な素材を使った制服になっているからのようです。
そのため友人は職場では制服が支給されるので洋服に無頓着になってしまい、通勤の時も車なので楽な服装になりがちだと悩んでいるようです。
実際にプライベートな洋服を見せてもらうと、パジャマになりそうなだぼっとした大き目のものが多く、洗練されているとは言えませんでした。
特に節約をしているわけでもないようですが、ブランドショップに入るのは引け目を感じてしまうようで、いつもファストファッションで済ませることが多いことがわかりました。
洋服にお金をかけたくないという気持ちもあるようなので、お洒落を実現できるために何か良い方法はないだろうかと考えました。

デコるのが最善手?

友人のクローゼットを見せてもらったところ、モノトーンの洋服が多いことに気付きました。
しかも黒や茶色など暗いトーンものが多く、デザインも凝ったものではなくシンプルなものばかりです。
そのため枚数はあっても、同じような色とシンプルなデザインなので違いがわかりません。
明るい色の洋服を購入するように提案してみましたが、自分には似合わないのではないかと思い込んでいるので、購入しても着用せずにクローゼットに仕舞ったままの状態になることが簡単に良そうできました。
そこで新しく買いそろえるのではなく、今あるものを活用しようと考えました。
暗いトーンの洋服を好むのであれば、それを基本としてブローチやスワロフスキーを使ってデコを盛るということを提案することにしました。
ブローチであれば取り外しが簡単で、色んな洋服に活用できます。
スワロフスキーも襟元や裾だけにつけることで、派手になりすぎず、お洒落なポイントになるので気にってもらえたようです。


ウユニ塩湖ツアーにはどんなファッションで行くのがオススメ?

今まで海外旅行に行くときは、買い物やエステを目的としていました。
しかしアジアや欧米をまわった後、もっと別の体験をしてみたいと考えるようになりました。
そこで同僚の友人と一緒に、今まで行ったことがないところに行こうという話になり、目的地をボリビアに定めました。
南米は自分の周りにも旅行した経験の人がいませんから、特別な旅行になるのではないかと期待が高まりました。
現地で旅行を満喫するために、準備は万全にすることに決めました。

出先でもおしゃれしたい!

日本にいると平和が当然だと思い込んでいるので油断しがちですが、海外では危険なことも多いという認識を持つようにしています。
そのためまずは現地の治安や雰囲気、天気などを調べるようにしています。
その結果、ボリビアでは雨季と乾季があるけれど、比較的気温は低く推移していることがわかりました。
そしてウユニ塩湖ツアーに参加することにしましたが、標高が高いことから寒暖の差が激しく、日差しも強いということがわかったのでファッションもそれを考慮することにしました。
肌を出さないようにすることがオススメだとわかりましたし、できればウユニ塩湖の絶景を朝から夜まで楽しみたいので着脱ができる服装にすることにしました。
ジャケットがあれば体温調節が可能ですし、日差しを遮ることもできます。
あと日差しを防止するために、肌だけでなく頭皮と目を守ろうと考えて、帽子とサングラスを持参することにしました。
サングラスが黒だということもあり、ジャケットや靴も黒で統一してシックなファッションでコーディネートをすることにしました。

歩きやすい格好が最高

海外からの観光客がウユニ塩湖には多く、カラフルなジャケットを着ている人が多かったです。
その中で黒で統一した自分たちは洗練されたように見えて、お洒落に装えたと満足しています。
ただ1つだけ失敗してしまったと感じたのは、靴でした。
歩きやすい靴を選んだつもりでしたが、飛行機に長時間着席していたこともあって、足がむくんでしまいました。
そこからさらにウユニ塩湖ツアーでは歩く時間があったので、足がかなり疲れた状態になったからです。
スニーカーを履くとカジュアルになってしまうからと考えていましたが、やはり歩きやすい靴だとスニーカーが一番だったと後悔しました。
スニーカーは紐で調節することができますから、足がむくんでも対応することができます。
それに靴底が厚めになっているので、足の裏の疲労感を和らげることができるからです。
ツアー参加者にはスカートをはいていた人もおいましたが、旅行先で観光するときにはパンツルックでスニーカーの組み合わせが最高だと再確認しました。